2012年12月3日月曜日

タスマニア日本語教師アシスタントプログラムNo.16

いよいよ日本に帰るまで1ヶ月を切ってしまいました。
お別れの季節です。ただ少し変な感じがするのは、別れの季節が夏だからかな?

また会えると分かっていても、そのしばしの別れが悲しいのは何ででしょう。泣き虫の私は絶対に泣くと確信しています!

私がアシスタントさせていただいている学校の一つはもう既に終わってしまいました。
レベル2とレベル3とあって、レベル3の生徒たちは3時間以上にもわたる長い試験と面接を終えました。皆とっても緊張してたみたいでした。結果はまだ分からないけど、皆満足できる結果が残せただろうと思います!
カレッジの生徒とのお別れのとき、今年を振り返って、あっという間だったなと感じました。来たときは英語もままならず、教えるときに少し苦労しましたが、生徒が日本語を覚えてくれると同時に、私の英語力と日本語の教え方も少しずつ良くなっていって生徒と一緒に喜んだことはずっと心に残ることでしょう。皆よく頑張ってくれたと思います!皆が頑張ってるのを見て、何回も励まされたこともありました。今までみたいに、毎週会っていたのが会えなくなってとてもとても寂しいですが、いつかドンカレッジの生徒たちが日本に遊びに来てくれる事を楽しみにしています。

あと二つの小学校でも、あと2,3週間で授業が終わってしまいます。小学校の皆は、年が離れているけどそれでも私の親友です♪ 

先週、やっとトトロを見終えて茶道をしました。実際に一通り茶道をしたことがない私は、グーグルで調べなくてはいけませんでした。いつものとおり私の知らなかった日本の素敵な伝統をまた知ることができました。時間があれば茶道を習ってみたいです。生徒たちはラッキーなことに、抹茶と抹茶味のようかんを食べました。沈黙を守ったり、正座したり、お辞儀をしたり、普段しないことをして生徒たちはとても楽しかったみたいです。美味しくないという子もいれば、美味しいという子もいました。
茶道は、とても奥の深い日本の伝統ですが、それを通じて日本人の礼儀正しさを感じました。この国の人たちが無礼だということではありませんが、日本人はとってもがつくほど礼儀正しいと思います。たまにそうでない人も見かけるけど、誇りをもってこの素晴らしい伝統を守っていきたいです。

1,2年生は箸をつかう練習をするために、ラーメンを食べるというとってもまたラッキーな授業をしました。始めに、私が「いただきます」と言ってそれから音を立ててラーメンを食べるところを生徒たちに見せました。今日は日本語の授業だから音を立てて食べていいよと言うと、皆嬉しそうでした。音を立ててラーメンを食べていい日本人は本当にラッキーだと思います。

最近、小学校の生徒たちと朝の休み時間と、ランチ後の休み時間にバスケットボールをしています。小学生相手でも容赦はしません。いえ、少しはします。あと何週間かしかできないなんて本当に残念です。

次第にすべてがクリスマスでいっぱいになってきました。
皆クリスマスショッピングしないと、とかお金がかかる、とか言っていて私にとってとても面白いです。クリスマスシーズンに外国を訪れるのはいいアイデアだと思います。その国がカトリックの場合ですが・・・。
私も可愛いサンタやトナカイを見てついつい全部買いたくなりますが、我慢します(;_;)

幸せなことに、毎日日本に買えるまで忙しいですが、最後まで楽しみたいと思います♪